ニュース

【MVP決定!!】俳優コース 月間表彰 2018年7月の受賞者が決定しました!

こんにちは、映画24区スクール運営事務局です。
毎月実施しております俳優コース<月間表彰>ですが、
監督・スタッフによる厳正な審査の結果、2018年7月の受賞者が決定いたしました。

7月のMVPは、
・鈴木 太一(すずき たいち)さん (演技IIクラスから)
・黒澤 琉衣(くろさわ るい)さん (演技IIIクラスから)
以上2名です!!

-----------------------------
スタッフからの総評コメント
-----------------------------
鈴木太一さんは2月に続き2度目のMVP受賞となります。毎回、監督をはじめみんなを驚かせるほどの徹底した準備をされていて、常に真摯に芝居と向き合っていらっしゃいます。
演技IIIクラスからの受賞者、黒澤琉衣さんは最年少参加者でしたが、3日間という短い期間内に試行錯誤を重ね、大きく成長された印象を受けました。
スクールで毎月レッスンを重ねている方は、着実に皆さん力をつけてきているのを実感しています。今後もぜひ皆さんがMVPを受賞できるようチャレンジして欲しいです。

----------------------------------
鈴木 太一さんからのコメント
-----------------------------------
TaichiSuzuki.jpg

遮二無二チャレンジしました。一つか二つ、越えたと思います。
お芝居は役との恋愛だと思いました。恋多き俳優でいたいです。
冨樫さん、みんな、ありがとうございました!では。

----------------------------------
黒澤 琉衣さんからのコメント
-----------------------------------
RuiKurosawa_SMA.jpg

初日に監督から厳しい言葉を頂いて、悔しくて悔しくてたまらなかったので、残りの2日で監督にお前頑張ったなと言ってもらうことを目標に頑張っていこうと決めました。すごく難しい課題で正直焦りましたし、また厳しいことを言われたらどうしようと怖い気持ちがとてもありました。自分より演技経験が豊富で、沢山の知識を持っている方がたくさんいらしたので、その中で芝居をするのはとっても不安でしたが、やってやろうという気持ちで臨みました。最終日に監督に「黒澤良かったと思いますよ。」と言って頂いた時はとても嬉しかったですし、目標が達成できたとホッとした気持ちでいっぱいになりました。
この3日間で大きな壁にぶつかった私ですが、初日の監督の言葉が無かったらその壁すら現れなかったと思います。私の気持ちを引き出してくださった監督に、本当に感謝しています。これからもたくさんの壁に立ち向かうことがあると思いますが、しっかりと乗り越えていけるよう努力していきます。3日間、本当にありがとうございました。

==金田敬監督からのコメント==
二日目のリハーサルでは題材への迷いもあり芝居が萎縮していたところもありましたが、三日目は的確に役を掴んで余裕すら感じる堂々とした演じっぷりでした。
「私、誰にも電話する人いないんです......」と言った後に、自虐的にフフフと笑うなんてよく考えたな、と。
自然の流れで出た笑いならもっと凄い!
焦ることなく、ゆっくりでいいから、肝の据わった女優さんになっていってください。期待しています。

-----------------------------
月間MVPは毎月の授業の中で講師やスタッフから評価の高かった俳優を選出して、WEBやSNSにて対外的に発表しています。
映画24区スクールでは、様々な方たちに推薦できる力のある俳優を育成すると共に、声を大にして優秀な俳優たちを業界に紹介していきたいと思っています。
皆さまもぜひチャレンジしてみて下さい!

▼お問合せ先▼
映画24区スクール 運営事務局
お電話:03-3497-8824
メール:info@eiga24ku-school.jp

このページの上部に戻る