ニュース

「韓国俳優に学ぶ演技の技術」シリーズ第1弾 イベントレポート

こんにちは、映画24区スクールです。

3/27(金)に【韓国俳優に学ぶ演技の技術】の第1弾企画「韓国における俳優育成システムと演劇事情」を映画24区スタジオにて開催致しました。

俳優の皆さんから、普段は脚本を学んでいる方まで、様々な方にお集まりいただき、会場は満席になりかなりの熱気を帯びていました。今回、当日のイベントレポートを参加された佐藤あい子さん(脚本家)に書いていただきましたので、ぜひご覧ください。

------------------------------------------------------------
2000年以降、世界の映画祭で多数受賞するなど世界的にも評価が高まりDSC_0178.JPG、日本にもファンが多い韓国映画界。その背景と現状について、演技トレーナーであり自身も俳優として舞台に立つ金世一さんが話してくれました。

ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、チェ・ジウ......誰もが知る俳優は韓国の大学の演劇や映像学科を卒業しており、多くの俳優は大学時代の厳しい基礎訓練を経て力をつけてきました。大学の試験は非常に難関で倍率も高く、志望者は受験前から週に3回、身体表現やエチュードといった厳しいトレーニングを受ける。
難関を勝ち抜いて入学してきたレベルの高い俳優たちは、入学後も切磋琢磨することでよりレベルを上げている。俳優も照明や編集、脚本について学び、熟知している点は大きいです。

DSC_0181.JPG韓国・ソウル市の大学路という街には150もの劇場が集まり、プロデューサーはこの街をまわって新人をキャスティングすることが多い。大学を出た俳優たちは、公共劇団(公務員として給与がもらえる)、演劇トレーナー、舞台俳優として生きていく。日本のように若い俳優がコンビニでアルバイトするような例はあまりない。

演技をするための体と感情のコントロールは、時間をかけるだけ成果が出る。だからできるだけ時間をかけ、自己意識の能力を上げていくことが大切だ。

満席の会場からは、韓国の街なみや演技訓練についてより詳しい質問が相次ぎ、終始、金氏の熱意あふれる話に参加者は熱心にメモをとっていました。

(レポート:佐藤あい子さん(脚本家))
-------------------------------------------------------------

レポートありがとうございました!

【韓国俳優に学ぶ演技の技術】シリーズは、このあと第2弾、第3弾と続いていきますので、
俳優の皆さん、脚本家の皆さん、ぜひチェックしてみてください!


▼お問合せ先▼
映画24区スクール 運営事務局
お電話:03-3497-8824
メール:info@eiga24ku-school.jp

このページの上部に戻る