ニュース

映画24区の 『脚本部』 が始動しました!

現在、企画開発クラスを受講されている方の中から2名が映画24区の脚本部として加わっていただくことになりました。
早速、お2人には、映画24区の企画開発案件に加わっていただいております。

1件は『シネマ・イン・レジデンス奥多摩』プロジェクトの一環として、今年の12月に制作する短編映画、
そしてもう1件は山形を舞台にした長編原作の映画化です。

今後、脚本部の活動状況を多くの人に知ってもらうため、できるだけ情報をオープンにして皆さまにレポートしていく予定です。

映画24区では今年の秋より映画やTVドラマの企画・脚本開発を増やします。
今後も脚本コースの実践クラスや企画開発クラスのメンバーから、
力のある方にどんどん加わっていただきたいと考えていますのでどうぞよろしくお願いします。

◎脚本コース 10月度『企画開発クラス』募集はこちら
http://eiga24ku-school.jp/course-scenario/planning.html

-----------------------------------------------------------------------------
<脚本部メンバーのご紹介>
■村口知己さん
映画24区スクール、シナリオセンター等で脚本を学ぶ。
2012年伊参スタジオ映画祭 審査員奨励賞、2013年函館港イルミナシオン映画祭 審査員奨励賞。
<コメント>
たとえ悲しい物語でも、見終わった後で心から美しかったと思える、そんな物語をこの24区で作っていければと思っています。

■スギタクミさん
文化女子大学卒業。東京乾電池研究生、劇団カムカムミニキーナを経て、98年劇団「危婦人」旗揚げ。
それ以降、舞台を中心に、脚本、演出、作品プロデュースをこなす。女性らしい視点で人間関係の機微を軽快に描くことを得意とする。
主な脚本執筆は、アニメ「サザエさん」など。
<コメント>
日常から離れ、ふっと心が軽くなる作品を書いていきたいと思っています。24区らしい、24区ならではの作品に携われるよう、がんばります!

このページの上部に戻る