ニュース

【俳優コース】9月度 演技訓練クラスは武正晴監督登壇!締切延長して募集中!

こんにちは、映画24区スクール事務局です。

9月の武正晴監督による俳優コース 演技訓練クラスの締切を延長して募集することになりました!

演技訓練クラスは10日間という長期間、監督と相対し、演技に対する考え方から脚本の読み解き、台本を使用した演技、エチュードといった芝居まで、俳優としての地力を飛躍的に向上させます。
それだけでなく同じ志を持つ俳優たちと過ごすことで、みっちり芝居について語り合えるところも、大きな特徴です。
※10日間の演技訓練クラス中にお休みや遅刻早退がある場合もまずはご相談ください。
演技訓練クラスについて

ただいま申込期限を9/5(金)に延長し追加募集することになりました。

【申込方法】
お電話、エントリーフォームにて申し込みを受付中です。
<お電話>:03-3497-8824
映画24区スクール 運営事務局(担当:宮瀬)
<エントリーフォーム>http://eiga24ku-school.jp/entry/actor/

ご不明な点などがございましたら、映画24区スクール事務局までご連絡ください。
皆さんのご参加、お待ちしております。

■監督紹介

武正晴

1967年生まれ。1986年明治大学入学とともに、明大映研に参加し多数の自主映画制作に携わる。卒業後、本格的にフリー助監督として映画現場に参加。工藤栄一監督、石井隆監督、崔 洋一監督、中原俊監督、森崎東監督、井筒和幸監督らに師事する。チーフ助監督として、『ホテル・ハイビスカス』(02年/中江裕司監督)、『パッチギ!』(04年/井筒和幸監督)、『嫌われ松子の一生』(06年/中島哲也監督)、『ヒーローショー』(09年/井筒和幸監督)などに携わる。『ボーイ・ミーツ・プサン』(07年)で長編作品監督デビュー後、『カフェ代官山』シリーズ(08年)、『EDEN』(12年)、『モンゴル野球青春記〜バクシャー〜』(13年)など。
『イン・ザ・ヒーロー』が2014年9月、『百円の恋』が2015年に公開待機中。

このページの上部に戻る