ニュース

『コンテスト対策!真夏の30時間耐久脚本レビュールーム』開催決定!

こんにちは。映画24区スクール事務局です。

この度、新しい脚本の授業を開催することになりましたのでご案内致します。
題して「コンテスト対策!真夏の30時間耐久脚本レビュー」です。

夏の3日間で一気に脚本を書き進めます。
普段、映画を作る際には当たり前のようにやっている脚本家や監督たちとの協議(いわゆる「ホンうち」)を皆さんとやってしまおうというクラスです。

8~9月のコンテストに提出する作品の脚本をプロデューサーや映画監督のレビューを受けて更にブラッシュアップしながら、書き進めます。
現状の構想に悩んでいる方、短期で集中して一気に書き進めたい方、是非この集中講座(最大30時間)にトライしてみてください。

■コンテスト対策!真夏の30時間耐久脚本レビュールーム

【日程】 7/28(月)、31(木)、8/1(金) 3日間
【時間】 
 ○昼の部 10:00~15:00(5H×3回=15H)
 ○夜の部 17:00~22:00(5H×3回=15H)
 ○昼・夜の部 10:00~15:00、17:00~22:00(10H×3回=30H)
 ※15:00~17:00は教室を開放しますので自由にお使いいただけます。
 ※遅刻・早退も可能です。ご予定がある方は事前にスタッフまでお知らせください。
 ※教室への飲食持込は可能ですが、他の方もいらっしゃいますので匂いの強いもの、汁物などはお控えください。
【受講資格】 誰でも可能。但し、事前に脚本(※)の提出が必須となります。
 ※企画書段階は不可。ロングプロット・脚本初稿以上が望ましい。
【受講料】
 ○昼の部・夜の部 合計30H 30,000円(税抜)
 ○昼の部、夜の部 いずれかをご受講の場合は 合計15H 各18,000円(税抜)
【定員】 最大12名
【会場】 映画24区スタジオ(東京都渋谷区)
【締切】 7月20日(日)までに事前課題をお送り頂きます。
【参加レビューアー講師】
 ○久保田傑 (オフィスシロウズプロデューサー 『キツツキと雨』『許されざる者』等)
 ○冨樫森監督 (映画監督『おしん』『あの空をおぼえてる』等)
 ○三谷一夫 (映画24区代表・プロデューサー)
【内容】 提出企画の執筆・ブラッシュアップ・複数の講師が個別レビュー
 ※受講生全員での合評スタイルではありません。
【申込方法】
メールまたはお電話にて申し込みを受付中です。
<メール>
 メールタイトルに「30時間耐久脚本レビュールーム申込」とご記入頂き、
 ○受講希望クラス(昼or夜or昼夜両方)、○お名前、○ふりがな、○性別、○年齢、○電話番号、○PCアドレス・携帯アドレス、○ご住所
上記をメール本文に明記の上、info@eiga24ku-school.jp までお送りください。
<お電話>
 03-3497-8824  映画24区スクール 運営事務局

【参考】 コンクール日程
 ○第40回城戸賞(映画) 2014年8月29日(金)締切
 ○第27回シナリオS1グランプリ(ドラマ) 2014年9月24日(水)締切
 ○第8回WOWOWシナリオ大賞(ドラマ) 2014年9月30日(火)締切
 ○第24回新人シナリオコンクール(映画) 2014年9月30日(火)締切

ご不明点がございましたら、映画24区スクール事務局までご連絡ください。
皆さんのご参加、お待ちしております。

【講師ご紹介】
<久保田傑プロデューサー/プロフィール>
1964年東京都出身。映画プロデューサー、脚本家。
'90年に「福本耕平かく走りき」で第16回城戸賞受賞。
'01年よりプロデューサーとして㈱オフィス・シロウズに所属。
【主なプロデューサー作品】
「ごめん」('02)冨樫森監督
「スクラップ・ヘブン」('05)李相日監督
「やじきた道中 てれすこ」('07)平山秀幸監督
「キツツキと雨」('12)沖田修一監督
「許されざる者」('13)李相日監督

<冨樫森監督/プロフィール>
1960年山形県生まれ。映画監督。
代表作:『おしん』『あの空をおぼえてる』『天使の卵』『ごめん』
http://eiga24ku-school.jp/lecturer/profile/togashi_shin.html

このページの上部に戻る