講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『江ノ島プリズム』『旅立ちの島唄~十五の春~』『黄金を抱いて翔べ(脚本)』

吉田康弘

よしだ・やすひろ

1979年7月5日大阪府出身。同志社大学卒業。

井筒和幸監督作品『ゲロッパ!』(2003年)の現場に見習いとして参加し、映画の世界へ。

その後、『パッチギ!』(2005年/井筒和幸監督作品)、『村の写真集』(2005年/三原光尋監督作品)、『雨の街』(2006年/田中誠監督作品)、『嫌われ松子の一生』(2006年/中島哲也監督作品)などの制作に参加。

2006年、大竹しのぶ主演映画『キトキト!』で初監督。初メガホンをとった作品は、型破りな母子の物語として話題になった。

近年は、三吉彩花主演、大竹しのぶ、小林薫出演の『旅立ちの島唄~十五の春~』、福士蒼汰主演『江ノ島プリズム』、

野村周平主演『クジラのいた夏』、WOWOW第6回シナリオ大賞受賞作『埋もれる』、TVドラマ版『びったれ!!!』など。

2016年の10月には、橋本愛と宮﨑あおいが初共演することで話題の最新作『バースデーカード』の公開を控えている。

脚本で参加した作品に、井筒和幸監督作品『ヒーローショー』(10)、『黄金を抱いて翔べ』(12)、連続ドラマW『コールドケース~真実の扉~』などがある。

このページの上部に戻る