講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『不倫純愛』『スイートリトルライズ』『ストロベリーショートケイクス』

矢崎仁司

やざき・ひとし

1980年に日本大学芸術学部映画学科在学中に映画『風たちの午後』を制作。

16ミリ映画としては異例のヒットとなり、ヨコハマ映画祭自主制作賞他、多くの映画賞を受賞。海外でも広く認められ、エジンバラ国際映画祭をはじめ、モントリオール、ニューヨークなどの多数の映画祭に招待される。
1991年に発表した『三月のライオン』は、ベルギー王室主催ルイス・ブニュエルの“黄金時代”賞を受賞をはじめとし、ロッテルダム、ベルリン、ロンドンなど多数の海外映画祭に招待され高い評価を受けた。
1995年には文化庁芸術家海外研修員として渡英して映画を制作する。
2000年、ロンドンを舞台にした『花を摘む少女 虫を殺す少女』を発表。

2006年、魚喃キリコ原作、池脇千鶴主演の『ストロベリーショートケイクス』は、バルセロナ・アジア映画祭で国際審査員特別賞をはじめ、世界各国の映画祭に招待される。
2010年、江國香織原作、中谷美紀、大森南朋主演の『スイートリトルライズ』を発表。

2011年、新藤冬樹原作、嘉門洋子、津田寛治主演の『不倫純愛』公開。
1作ごとに国内外で注目を集める稀有な監督。

このページの上部に戻る