講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『居酒屋ゆうれい』『ヒナゴン』

渡邊孝好

わたなべ・たかよし

1989年『君は僕をスキになる』で監督デビュー。

『ボクが病気になった理由』『エンジェル・僕の歌は君の歌』などを経て、1994年『居酒屋ゆうれい』で日本アカデミー賞優秀監督賞、山路ふみ子映画賞などを受賞する。
以降、『君を忘れない』『新・居酒屋ゆうれい』『香港大夜総会・タッチ&マギー』『ショムニ』などを監督。
2001年からは脚本家・野沢尚と組んでNHKの海外ミステリードラマ『喪服のランデヴー』『緋色の記憶』『死者からの手紙』などを演出し好評を博する。2003年からは『ぷりてぃ・ウーマン』『ヒナゴン』などを監督。

2012年はサスペンスドラマ『偽証法廷』が話題となった。

このページの上部に戻る