講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『父のこころ』『時をかける少女』『乱反射』『スノーフレーク』

谷口正晃

たにぐち・まさあき

1966年7月6日、京都市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。

89年、卒業制作の『洋子の引越し』がぴあフィルムフェスティバルで、最優秀16mm賞と最優秀男優賞を受賞。
その後、同フェスティバルで出会った篠原哲雄監督に師事して助監督を始め、黒木和雄、根岸吉太郎、井筒和幸、滝田洋二郎、平山秀幸、冨樫森といった監督の現場に参加。

10年、仲里依紗主演の『時をかける少女』で長編劇場用映画の監督としてデビュー。同作では第32回ヨコハマ映画祭で新人監督賞を受賞したほか、上海国際映画祭やプチョン国際ファンタスティック映画祭などに招待された。その後、桐谷美玲主演の『乱反射』(11)と『スノーフレーク』(11)、波瑠主演の『BUNGO~ささやかな欲望~幸福の彼方』(12)のほか、『シグナル~月曜日のルカ~』(12)『父のこころ』(14)などを発表。

佐藤隆太主演の『人質の朗読会』(14/WOWOW)が国際エミー賞にノミネートされたほか、モンテカルロ・テレビ祭のモナコ赤十字賞とSIGNIS賞の2つの特別賞、衛星放送協会オリジナル番組アワード ドラマ部門の最優秀賞を受賞。中村蒼、室井滋主演の『マザーズ』(14/中京テレビ)が民間放送連盟賞の最優秀賞と文化庁芸術祭の優秀賞を受賞。室井滋、清野菜名主演の『マザーズ2015~17歳の実母』(15/中京テレビ)が民間放送連盟賞の優秀賞を受賞。松岡茉優、桐谷健太主演の『水族館ガール』(16/NHK)がギャラクシー賞の奨励賞を受賞。篠原涼子主演の『愛を乞うひと』(17/読売テレビ・日本テレビ)が民間放送連盟賞の優秀賞を受賞とソウルドラマアワードにノミネートされるなど、テレビの世界でも実績を積んでいる。

このページの上部に戻る