講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『百円の恋』『イン・ザ・ヒーロー』

武正晴

たけ・まさはる

1967年生まれ。
1986年明治大学入学とともに、明大映研に参加し多数の自主映画制作に携わる。卒業後、本格的にフリー助監督として映画現場に参加。工藤栄一監督、石井隆監督、崔 洋一監督、中原俊監督、森崎東監督、井筒和幸監督らに師事する。チーフ助監督として、『ホテル・ハイビスカス』(02年/中江裕司監督)、『パッチギ!』(04年/井筒和幸監督)、『嫌われ松子の一生』(06年/中島哲也監督)、『ヒーローショー』(09年/井筒和幸監督)などに携わる。『ボーイ・ミーツ・プサン』(07年)で長編作品監督デビュー後、『カフェ代官山』シリーズ(08年)、『EDEN』(12年)、『モンゴル野球青春記~バクシャー~』(13年)など。

『イン・ザ・ヒーロー』が2014年9月、『百円の恋』が12月に公開。

このページの上部に戻る