講師紹介一覧に戻る

映画プロデューサー/代表プロデュース作:『キツツキと雨』『真夏の夜の夢』『ホテル・ハイビスカス』

佐藤美由紀

さとう・みゆき

北海道旭川市生まれ。藤女子短大国文科卒。
札幌テレビ放送ラジオ局ADを経て、横浜映画専門学院(日本映画学校)入学。

卒業後、ドキュメンタリーの演出、Vシネマの脚本などを経て、1991年、プロデューサー佐々木史朗氏のアシスタントとして『空がこんなに青いわけがない』(1993年/柄本明監督)で初めて劇場用映画に携わる。
以降、オフィス・シロウズで映画製作を続けている。

【主なプロデュース作品】

『20世紀ノスタルジア』(1997年/原將人監督)
『ナビィの恋』(1999年/中江裕司監督)
『コンセント』(2002年/中原俊監督)
『ホテル・ハイビスカス』(2003年/中江裕司監督)
『ルート225』(2005年/中村義洋監督)
『真夏の夜の夢』(2009年/中江裕司監督)
『キツツキと雨』(2011年/沖田修一監督)
など。

このページの上部に戻る