講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『Little DJ~小さな恋の物語』『渋谷区円山町』

永田琴

ながた・こと

1971年大阪府生まれ。関西学院大学商学部卒業。

岩井俊二監督のもとで助手を務めた後、2004年『恋文日和』(オムニバス映画)で劇場公開デビュー。

2007年『渋谷区円山町』(榮倉奈々、眞木大輔、仲里依紗主演)、第20回東京国際映画祭正式招待作品『Little DJ~小さな恋の物語』(神木隆之介主演)が公開。 

同年、資生堂主催の企画展『スクリーンのなかの銀座』(2007年ハウスオブシセイドウにて開催)に於いて短篇『WOMAN』を出展した。

他にも企業ブランディング映像として、Nestlé、ワコール(wacoal)等で短編を発表している。

近年では、WOWWOW連続ドラマw東野圭吾『分身』(長澤まさみ主演)、同枠で東野圭吾『変身』(神木隆之介、二階堂ふみ主演)など
医療サスペンスにも積極的に取り組んでいる。

2013年ドラマ『イタズラなkiss 〜LOVE in TOKYO』(未来穂香、古川雄輝主演)では中国をはじめアジアで絶大な人気を得る。

最新作は、2014年公開の『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』。同タイトルの小説(祥伝社文庫)も執筆した。

2011年ginger studio株式会社を設立し、子供のための映画ワークショップ「えいがっこ!」を主催。
映画制作を通じて子供たちのコミュニケーション能力の向上をめざすプロジェクトを立ち上げるなど、活動は多岐にわたる。

2016年7月2日公開「全員片思い」の一片「僕のサボテン」を脚本・監督している。

KOTO NAGATA official website http://www.kotonagata.com/

このページの上部に戻る