講師紹介一覧に戻る

映画プロデューサー

松岡周作

まつおか・しゅうさく

伊参スタジオ映画祭発起人・審査員。1966年高知県生まれ。
映画の配給宣伝を経て92年NCP製作『お墓と離婚』で制作部として活動開始。 制作主任、制作担当を経て94年『Young&Fine』でプロデューサーデビュー。小栗康平監督作品『眠る男』の制作主任として、伊参スタジオの発起に携わる。
その後、篠原哲雄監督『月とキャベツ』、黒木和雄監督『スリ』などをプロデュース。『洗濯機は俺にまかせろ』では初めて脚本を担当。その後の脚本作品は『Jam Films-すべり台-』、テレビドラマ『誘惑を売る女』。

【主なプロデューサー作品】

映画は『sWinGmaN』『Jam Films-けん玉-』『オー・ド・ヴィ』『棒たおし!』『Jam Films-すべり台-』『female』『初恋』『CineMusica(シネムジカ)』シリーズ。
TVドラマは『女学生の友』『スカイハイ2』『週刊 赤川次郎』『ワイルドライフ~国境なき獣医師団RED~』『トミカヒーロー レスキューファイアー』など。
最近では2009年『愛のむきだし』、2010年『時をかける少女』『BUNGO日本文学シネマ』、2011年『乱反射』『スノーフレーク』、2014年『アゲイン 28年目の甲子園』

このページの上部に戻る