講師紹介一覧に戻る

映画プロデューサー/代表プロデュース作:『海炭市叙景』『ゲゲゲの女房』

越川道夫

こしかわ・みちお

プロデューサー。1965年生まれ。

立教大学卒業後、助監督などを経て、シネマ・キャッツでヨーロッパ映画の宣伝配給に従事。97年、スローラーナーを設立。以後、配給宣伝、映画制作に関わる。

【主なプロデュース作品】

青山真治監督『路地へ 中上健次の残したフィルム』
市川準監督『トニー滝谷』(アソシエイトプロデューサー)
奥原浩志監督『青い車』『16[jyu-roku]』
タナダユキ監督『赤い文化住宅の初子』『俺たちに明日はないッス』
足立正生監督『幽閉者』、甲斐田祐輔監督『砂の影』
鈴木卓爾監督『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』
日向朝子監督『森崎書店の日々』
熊切和嘉監督『海炭市叙景』
など

このページの上部に戻る