講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『愛の果実』『青いうた のど自慢青春編』

金田敬

かねだ・さとし

1963年、大阪府豊中市生まれ。
大阪芸術大学舞台芸術学科(同級に木下ほうか、一学年上に筧利夫・渡辺いっけい、一学年下に古田新太)在学中より自主映画制作に没頭。卒業と同時に助監督となり、主に廣木隆一や石川均などの作品に就く。
1991年監督デビュー。成人映画からTVドラマ、ビデオシネマ、一般作、教育映画まで幅広いジャンルの監督・脚本をこなす。
主な監督作品には、『校庭に東風吹いて』(主演:沢口靖子)『青いうた のど自慢青春編』『春琴抄』『愛の言霊』『アンダンテ 稲の旋律』『農家の嫁35歳 スカートの風』など。

2014年10月に『ベイブルース 25歳と364日』の脚本、11月に『愛の果実』の監督作品が公開。
2016年8月には映画24区制作の新作映画『校庭に東風吹いて』が全国公開し、今も上映館を着実に増やしている。

このページの上部に戻る