講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『美女缶』『Sweet Rain 死神の精度』『ロス:タイム:ライフ』

筧昌也

かけひ・まさや

1977年東京生。日大芸術学部映画学科映像コース卒業。大学卒業後、企業VPの制作会社に入社。アニメーションを主に制作する。
退社後、フリーディレクターとして活動。

2003年、映画『美女缶』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門グランプリ、PFF企画賞など、国内の自主映画祭を総ナメし、2004年劇場公開。2005年には「世にも奇妙な物語 春の特別編」にて妻夫木聡を主演に迎えセルフリメイク。また、小説版「美女缶」(幻冬舍・刊)の執筆も自ら行う。
オリジナル企画の連続ドラマ「ロス:タイム:ライフ」(2008.2~CX)では原案、チーフ監督、脚本を務める。

2008年春、初の長編映画『Sweet Rain 死神の精度』(主演:金城武)が劇場公開。

他にWOWOW連続ドラマ「豆腐姉妹」(吉高由里子)、「東京トイボックス」、「おとりよせ王子 飯田好実」(2013年、tvk他)、「死神くん」(大野智主演)、「素敵な選TAXI」(バカリズム脚本、竹野内豊主演)チーフ監督を歴任。

その他には、アニメ「紙兎ロペ」脚本(2013年)、短編映画「センチメンタルカラス」(2014年)、広告作品に、HONDAインサイト短編ドラマ「ある日、突然グリーンマシーン」、藍坊主「星霜、誘う」PV、SUPER★GiRLS「BELIEVE IN LOVE」PVなども手がける。

近年では映像に加え、イラストレーションも手がけている。
http://www.iksite.jp/

このページの上部に戻る