講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『黄金を抱いて翔べ』『ヒーローショー』『パッチギ!』『ゲロッパ!』

井筒和幸

いづつ・かずゆき

1952年生まれ。奈良県出身。

奈良県立奈良高等学校在学中から映画制作を開始。
8mm映画『オレたちに明日はない』、卒業後に16mm『戦争を知らんガキ』を制作。
1975年、高校時代の仲間と映画制作グループ『新映倶楽部』を設立。
150万円をかき集めて、35mmのピンク映画『行く行くマイトガイ・性春の悶々』にて監督デビュー。
上京後、数多くの作品を監督するなか、1981年『ガキ帝国』で日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。
以降、『みゆき』(83年) 『晴れ、ときどき殺人』(84年) 『二代目はクリスチャン』(85年)
『犬死にせしもの』(86年)『宇宙の法則』(90年)『突然炎のごとく』(94年)
『岸和田少年愚連隊』(96年/ブルーリボン最優秀作品賞を受賞)『のど自慢』(98年)
『ビッグ・ショー!〜ハワイに唄えば〜』(99年)『ゲロッパ!』(03年)
『パッチギ!』(04年) では、05年度ブルーリボン最優秀作品賞他、数多くの映画賞を総なめ獲得し、その続編『パッチギ!LOVE&PEACE』(07年) 『TO THE FUTURE』(08年) 『ヒーローショー』(10年)など、様々な社会派エンタテインメント作品を作り続けている。
その他、独自の批評精神と鋭い眼差しにより様々な分野での御意見番として、テレビ、ラジオのコメンテーターなどでも活躍している。

【フィルモグラフィー】
1981年『ガキ帝国』(プレイガイドジャーナル社/ATG)
   『ガキ帝国 悪たれ戦争』(東映/徳間書店)
1983年『みゆき』(東宝/キティ・フィルム)
1984年『晴れ、ときどき殺人』(角川春樹事務所)
1985年『(金)(ビ)の金魂巻』(にっかつ)
   『二代目はクリスチャン』(角川春樹事務所)
1986年『犬死にせしもの』(大映/ディレクターズ・カンパニー)
1989年『危ない話 1ツタンカーメン王の呪い』(CBS・ソニー)
1990年『宇宙の法則』(プロジェクト・アルシェ)
1991年『風、スローダウン』(島田紳助監督)(吉本興業/テレビ大阪/日映エージェンシー)監修
1992年『東方見聞録』(ディレクターズ・カンパニー)
1994年『罪と罰 ドタマかちわったろかの巻』(ビックウエスト/ヒーロー)
   『突然炎のごとく』(WOWOW/ヒルヴィラ)
1996年『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS』(松竹/吉本興業)
   『さすらいのトラブルマスター』(松竹/日本テレビ)
1998年『のど自慢』(シネカノン/東宝/日活/ポニーキャニオン)
1999年『ビッグ・ショー!~ハワイに唄えば~』(シネカノン/東宝/日活)
2003年『ゲロッパ!』(シネカノン/電通/ハピネット・ピクチャーズ/グッドニュー/メモリーテック/アーティストフィルム)
2004年『パッチギ!』(パッチギ!製作委員会〈シネカノン/ハピネット・ピクチャーズ/衛星劇場/メモリーテック/S・D・P〉)
2007年『パッチギ!LOVE&PEACE』(シネカノン/ハピネット/SHOWBOX/読売テレビ/メモリーテック/エイベックス・エンタテインメント/TOKYO FM)
2008年Theショートフィルムズ『TO THE FUTURE』(朝日放送)
2010年『ヒーローショー』(吉本興業/角川映画)

【主な脚本】
1986年『犬死にせしもの』(大映/ディレクターズ・カンパニー)
1990年『宇宙の法則』(プロジェクト・アルシェ)
1992年『東方見聞録』(ディレクターズ・カンパニー)
1994年『突然炎のごとく』(WOWOWO/ヒルヴィラ)
1996年『さすらいのトラブルマスター』(松竹/日本テレビ)
1999年『のど自慢』(シネカノン/東宝/日活/ポニーキャニオン)
   『ビッグ・ショー!~ハワイに唄えば~』(シネカノン/東宝/日活)
2003年『ゲロッパ!』(シネカノン/電通/ハピネット・ピクチャーズ/グッドニュー/メモリーテック/アーティストフィルム)
2004年『パッチギ!』(パッチギ!製作委員会〈シネカノン/ハピネット・ピクチャーズ/衛星劇場/メモリーテック/S・D・P〉)
2007年『パッチギ!LOVE&PEACE』(シネカノン/ハピネット/SHOWBOX/読売テレビ/メモリーテック/エイベックス・エンタテインメント/TOKYO FM)
2010年『ヒーローショー』(吉本興業/角川映画)

【受賞作品】
1981年度『ガキ帝国』で、日本映画監督協会新人奨励賞。
1996年度『岸和田少年愚連隊』で、ブルーリボン最優秀作品賞。
2005年度『パッチギ!』で、ブルーリボン最優秀作品賞他、様々な映画賞を受賞。

【TV】
NTV『DON!』(準レギュラー)
スカパー!映画部presents『井筒和幸のホメシネ』(レギュラー)

【CM】
ダイハツ工業『テリオスルキア』
味の素『うまい』シリーズ
マツダ『アテンザ』
ツーカーセルラー東海『料金プラン ファミリーズ』
UNIVERSAL STUDIO/ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン『シンデレラマン』
ツムラ『きき湯』
近畿労働金庫『近畿ろうきん』
アサヒビール『クリアアサヒ』
藤商事『CR宇宙戦艦ヤマト2』

【著書】
『あの娘をペットにしたくて』(1986.9/双葉社)
『アメリカの活動写真(フィルム)が先生だった~憎たらしいほど愛しい映画達』(1998.12/小学館)
『宇宙の法則』(1990.01/メディアファクトリー)
『こちトラ自腹じゃ』(2002.11/ワニマガジン社)
『小説ゲロッパ!』(2003. 8/ソニー・マガジンズ)
『アホか、お前ら!』(2004. 2/徳間書店)
『こちトラ自腹じゃ! 101本斬り』(2004.12/テレビ朝日)
『憲法を変えて戦争へ行こうという世の中にしないための18人の発言』(2005.8/岩波書店)
『サルに教える映画の話』 (2005.10/バジリコ)
『憲法が変わっても戦争にならないと思っている人のための本』(2006.7/日本評論社)
『愛、平和、パッチギ!』(2007/5講談社)
『民族の壁どついたる!』(2007.5/河出書房新社)
『ガキ以上、愚連隊未満。』(2010.5ダイヤモンド社)

【連載コラム】
週刊アサヒ芸能『井筒監督の毒舌ストレート時評 アホか、お前ら!』(徳間書店)
週刊現代『井筒和幸 今週の映画監督』(講談社)
関西ウォーカー『井筒和幸監督のパッチギ!映画渡世~激闘篇~』(角川マーケティング)

このページの上部に戻る