講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『のぼうの城』『ゼロの焦点』

犬童一心

いぬどう・いっしん

1960年生まれ。東京都出身。映画監督/CMディレクター。

高校時代より自主製作映画の監督・製作をスタートし、大学在学中の1979年には自身の脚本・監督作『気分を変えて?』がぴあフィルムフェスティバルに入選。1982年には池袋文芸座の協力で『赤すいか黄すいか』を監督・製作、1980年代の自主製作映画界の代表的メンバーであった。

卒業後はテレビコマーシャル制作会社・朝日プロモーション(現ADKアーツ)に入社。CM演出家としてTV-CMの企画・演出を手掛け、数多くの広告賞を受賞。コマーシャル演出のかたわら、映画製作も継続的に行っており、1993年には、実写とアニメーションを組み合わせた短編映画『金魚の一生』を監督・製作、“キリンコンテポラリーアワード”で1993年最優秀作品賞(グランプリ)を受賞した。

翌年、長編デビュー作『二人が喋ってる。』を監督。“サンダンス・フィルム・フェスティバル in 東京 '96”でグランプリを受賞、映画監督協会新人賞を受賞する。

1999年、『金髪の草原』で劇場用長編映画監督デビュー。2003年には、『ジョゼと虎と魚たち』にて第54回芸術選奨文部科学大臣新人賞を、『メゾン・ド・ヒミコ』(05)で第56回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。その後『タッチ』(05)、『黄色い涙』(07)『グーグーだって猫である』(08)等、話題作を発表し、『眉山 びざん』(07)、『ゼロの焦点』(09)では日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。また脚本を担当した『黄泉がえり』(03/塩田明彦監督)では、日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞している。

最新作は、和田竜脚本による歴史超大作『のぼうの城』。樋口真嗣との共同監督作品、自身初の時代劇作品として注目を集め、 2012年11月2日、全国東宝系劇場にて公開された。

【主な監督作品】

1979年 『気分を変えて?』(脚本・監督)
     ぴあフィルムフェスティバル 入選
1982年 『赤すいか黄すいか』(脚本・監督)
1993年 『何もかも百回も言われたこと』(脚本・監督)
    『金魚の一生』(脚本・監督)キリンコンテンポラリーアワード グランプリ
1995年 『二人が喋ってる。』(共同脚本・監督) 共同脚本:小林弘利  主演:新屋鳴美 宇野志津香 ほか
     1996年度日本映画監督協会 新人賞受賞、サンダンス・フィルム・フェスティバルin東京 グランプリ
1996年 『大阪物語』(脚本)監督:市川 準  主演:池脇千鶴 沢田研二 田中裕子 ほか
1999年 『金髪の草原』(共同脚本・監督)原作:大島弓子『金髪の草原』/共同脚本:佐藤佐吉
     主演:伊勢谷友介 池脇千鶴 加藤武 ほか
     2000年ベルリン国際映画祭 フォーラム部門選出、2000年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 グランプリ
2001年 『伝説のワニ ジェイク』(原作・脚本・監督)
     出演:村上淳 市川実日子 野田秀樹 田辺誠一 寺島進 大杉漣 柴咲コウ 大竹しのぶ ほか
2002年 『黄泉がえり』(共同脚本)原作:梶尾真治『黄泉がえり』(新潮文庫刊) 共同脚本:斉藤ひろし 塩田明彦
     監督:塩田明彦 主演:草彅剛 竹内結子 哀川翔 石田ゆり子 田中邦衛 ほか
     第27回日本アカデミー賞 優秀脚本賞ほか多数受賞
2003年 『ジョゼと虎と魚たち』(監督)原作:田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)/脚本:渡辺あや
     主演:妻夫木聡 池脇千鶴 上野樹里 新井浩文 新屋英子 ほか
     平成15年度(第54回)芸術選奨文部科学大臣新人賞 受賞
     第18回高崎映画祭 最優秀監督賞 受賞
     2003年度キネマ旬報ベスト10 日本映画ベスト・テン 第4位
     第16回東京国際映画祭・ニッポン・シネマ・ナウ出品
     第39回シカゴ国際映画祭・World Cinema公式出品
     第27回モントリオール世界映画祭・Cinema of Asia公式出品
2004年 『死に花』(共同脚本・監督)原作:太田蘭三『死に花』(角川文庫刊)/共同脚本:小林弘利
     主演:山崎努 宇津井健 青島幸男 藤岡琢也 谷啓 長門勇 松原智恵子 森繁久彌 ほか
    『いぬのえいが』(監督) 脚本:佐藤信介
     主演:中村獅童 伊東美咲 宮﨑あおい 小西真奈美 天海祐希 ほか
2005年 『メゾン・ド・ヒミコ』(監督) 脚本:渡辺あや
     主演:オダギリジョー 柴咲コウ 田中泯 ほか
     平成17年度(第56回)芸術選奨文部科学大臣賞 受賞
     第29回山路ふみ子映画賞 作品賞 受賞
     第18回日刊スポーツ映画賞 監督賞 受賞
     日本映画ベスト・テン 第4位
     第27回ヨコハマ映画祭 日本映画ベスト・テン 第8位
     第48回ブルーリボン賞 監督賞ノミネート
     第48回朝日ベストテン映画祭 日本映画ベストテン 第2位
     第1回おおさかシネマフェスティバル監督賞受賞 ベストテン第2位
    『タッチ』(監督)原作:あだち充『タッチ』(小学館刊)/脚本:山室有紀子
     主演:長澤まさみ 斉藤祥太 斉藤慶太 ほか
2006年 『黄色い涙』(監督)原作:永島慎二『黄色い涙シリーズ 若者たち』/脚本:市川森一
     主演:二宮和也 相葉雅紀 大野智 櫻井翔 松本潤 ほか
2007年 『眉山 びざん』(監督)原作:さだまさし『眉山』(幻冬舎刊)/脚本:山室有紀子
     主演:松島菜々子 大沢たかお 宮本信子 ほか
     第31回日本アカデミー賞 優秀監督賞 ほか多数受賞
     上海国際映画祭コンペティション部門出品、モントリオール国際映画祭オーコンクール部門出品
2008年 『グーグーだって猫である』(脚本・監督)原作:大島弓子『グーグーだって猫である』(角川書店刊)
     主演:小泉今日子 上野樹里 加瀬亮 林直次郎(平川地一丁目)伊阪達也 森三中 ほか
2009年 『ゼロの焦点』(脚本・監督)原作:松本清張『ゼロの焦点』(新潮社刊)
     主演:広末涼子、中谷美紀、木村多江 ほか
     第33回日本アカデミー賞 優秀監督賞 ほか多数受賞
2011年 『のぼうの城』(監督)共同監督:樋口真嗣 脚本:和田竜 小学館「のぼうの城」
     主演:野村萬斎 榮倉奈々 成宮寛貴 山口智充 上地雄輔 山田孝之 平 岳大 / 市村正親 / 佐藤浩市 ほか

このページの上部に戻る