講師紹介一覧に戻る

映画監督・脚本家/代表作:『東南角部屋二階の女』

池田千尋

いけだ・ちひろ

1980年、北海道生まれ、静岡県出身。高校在学時から自主映画制作を始める。早稲田大学第一文学部卒業。映画美学校修了制作作品である『人コロシの穴』(2002) が2003年カンヌ国際映画祭・シネフォンダシオン部門に正式出品される。助監督として幾つかの現場を経た後、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域を2007年修了。劇場公開作品に『東南角部屋二階の女』(2008)、『とんねるらんでぶー』(2011)、『夕闇ダリア』(2011) などがある。2014年には舞台の作演出も手がけ、『東京の空』『東京の歌』二作品を発表。2015年には、オリジナル長編映画『東京の日』、少女漫画原作の映画化となる『先輩と彼女』(10月17日公開)が公開待機中。

このページの上部に戻る