講師紹介一覧に戻る

映画監督/代表作:『箱入り息子の恋』『無防備』

市井昌秀

いちい・まさひで

1976年4月1日、富山県出身。

俳優・柄本明が主宰の劇団東京乾電池を経て、ENBUゼミナールに入学し、映画製作を学ぶ。
2004年にENBUゼミナールを卒業、初の長編作品となる自主映画「隼(はやぶさ)」が06年の第28回ぴあフィルムフェスティバルにおいて、準グランプリと技術賞を受賞。長編2作目となる「無防備」が第30回ぴあフィルムフェスティバルにおいてグランプリと技術賞、Gyao賞も受賞する。 そして同年開催の第13回釜山国際映画祭のコンペティション部門にてグランプリ受賞、翌年の第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にも正式出品され、国内外から高い支持を得た。

2013年には、初の商業映画「箱入り息子の恋」が公開。同年のモントリオール世界映画祭「ワールドシネマ部門」に正式出品。
最新作に尾野真千子主演のドラマW「十月十日の進化論」を監督。2015年3月よりWOWOWにて放送予定。
今、日本映画界で最も期待される若手監督の一人である。

【フィルモグラフィー】

2013年 『箱入り息子の恋』『地味なケガ』
2012年 『あの女はやめとけ』
2007年 『無防備』
2005年 『隼』

このページの上部に戻る