『鉄の子』『夜だから』の
福山功起監督が初登壇!

実践クラス[2016年2月]

2016年2月の実践クラスは、
最新作『鉄の子』が公開される福山功起監督が初登壇です!

長編監督作・2作目となる『鉄の子』が公開となる福山功起監督によるワークショップ。元探偵、そして元キックボクサーで元調理師という異色の経歴を持つ福山監督が、映像表現とは何かをみなさんと追及する濃密な時間となること間違いありません!

2016年2月 開催概要

日程2月24日[水]・25日[木] (全2日間)
時間17:00~21:00(4時間)
定員20名(予定)
受講資格初心者不可、受講前に選考有り
※お申込み時にご入力頂いた内容(プロフィールおよび写真添付)をもって、実技選考をさせて頂きます。
※実技審査の上、結果をメールにて通知しますのでしばらくお待ちください。
※選考結果の理由についてはお答え出来ませんのであらかじめご了承ください。
選考日程お申込みフォームより送信いただいた後、スタッフよりメールでご希望日時を伺います。
受講料15,000円(税別)
募集締切定員になり次第

担当講師

映画監督

福山功起Koki Fukuyama

Profile

1969年東京都出身。調理師、プロキックボクサーなどの職業を経て映画監督になる。2008年『アタシヲ産んだアイツ』、2012年『わらわれもしない』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭短編部門にノミネート。2010年には映像制作Jill Motionを創業しTVCMや企業VPを多数手掛ける。2013年のオムニバス映画『埼玉家族』では娘編「ハカバノート」とエピローグを監督した。2014年『夜だから』で長編劇場デビュー、本作が長編2作目となる。⇒詳しいプロフィールはこちら

月間MVP

映画24区スクール・俳優コースでは、毎月全クラス(演技I~IIIおよび実践クラス)の中から、講師や事務局スタッフから評価の高かった俳優を【月間MVP】として選出し、映画24区スクール公式ホームページやSNSにて対外的に発表させていただきます。当スクールで鍛えられた優れた俳優だけに、映画やテレビのプロデューサー、監督、そして芸能プロダクションの方々からも注目されています。

※発表は、事前に該当者に承諾を得た上で行います。

このページの上部に戻る