芸能プロダクションの皆さまへ

新人俳優の育成は、映画24区スクールにお任せください

現役の映画監督を講師に迎えたワークショップから、演技トレーナーによる基礎鍛錬まで、俳優に必要なカリキュラムを持ち、即戦力となる人材を育てる実績を持つ“映画24区スクール”から、芸能プロダクションの皆さまへ2つのサービスを提案します。

新人採用のオーディション運営

御社に所属したいと応募してくる沢山の方の中から、将来性のある、または即戦力となる人材を短時間の面接だけで判断するのはとても難しいことです。しかし、かといってオーディションの運営に時間や人員を多く割けるほど余裕がないのも芸能プロダクション様の現状ではないでしょうか。
そこで、御社が新人採用の選考を行う過程の中に、弊社が独自でつくるカリキュラム(映画監督やプロデューサーによる3~5日間のレッスン)を導入いただくことで、外見だけで判断できない、「俳優」として潜在能力のある質の高い人材を効率よく選定することができるかと思います。映画監督やプロデューサーが選考に加わってアドバイスさせていただくことも可能です。

所属俳優の育成

御社に所属されている新人俳優を一定期間お預かりして、第一線で活躍する弊社専属の映画監督と共に俳優のレベルに応じた独自のカリキュラムを作成し徹底指導します。芸能事務所様からのリクエストは「オーディションになかなか合格しないので対策を立ててほしい」や「映画やテレビの仕事が入ったけど現場経験がないので不安」など千差万別です。まずは芸能事務所の代表様または採用担当者様と教育方針に関するヒアリングをさせていただき、その上で個々の俳優にあったカリキュラムをご用意させていただきます。

映画24区が提供させていただくカリキュラムでは以下のことを大切にしています

  • 講師は第一線で活躍している映画監督、また今後の活躍が期待される優秀な若手監督に絞っています。映画監督として作品を創る能力も大切ですが、何より新人俳優の基盤スキルを引き上げる(コーチする)技術を持っているかどうかを講師選定の過程で最も大切にしています。
  • 映画やTVドラマなど、映像での演技技術の習得に特化しています。オーディション対策から撮影現場での立ち振る舞い、脚本の読解、カメラや照明など多くの制約 がある中での芝居など、映像にまつわる基礎知識の学習から現場に強くなれる実践的な技術の習得までを丁寧に指導します。
  • 俳優を職業として生きていくためにいかなる勉強をして、経験を武器に変え、どういった心構えでものづくりに参加し、感じ、それに携わる仲間のスタッフとたちとどう接していけばいいのか。俳優であるまえに1人の人間としての教育を大事にしています。

新人育成におけるプログラム以外にも、御社所属の俳優に特化したプログラムを内容・予算・人数に応じてカスタマイズ

  • 脚本の読解力育成

    文章の読み書きに慣れていない若い役者は脚本の読解力が乏しいものです。台詞を覚える技術ではなく、1冊の脚本から作家や演出の意図、自分の役割を読み解き、芝居に反映させる高度な技術を養います。

  • 声と身体を鍛える

    演技経験の浅い役者は芝居中の声が小さかったり、緊張で身体がぶれる癖が目立ちます。演技トレーナーによる専門的な訓練で鍛え、俳優の基盤ともいえる強固な身体をつくり、そして維持していく必要があります。

  • 映像現場の基礎知識

    新人の役者は撮影現場の雰囲気に慣れるまで立ち振る舞いに困惑します。撮影現場にいるスタッフがそれぞれどのような役割をしていて、自分は俳優として何を求められているのか。映像制作の工程や最低限の知識は抑えておくほうがいいでしょう。そうすることで本来やるべきお芝居に集中することができます。

  • オーディション対策

    オーディション現場で礼儀正しい役者は多いのですが、肝心な「審査側が何を求めているか、どこを見ているか」をきちんと理解して実践できる人はほんの一部です。疑似オーディションを繰り返すことでどんな現場でも残っていけるスキルを身につけることができます。

  • プロモーション用のショートフィルム制作(予算は別途ご相談)

    役者が一番早く実践で使える力をつけるには、映像制作の現場に俳優として実際に参加することです。弊社の優秀な脚本家や制作スタッフを駆使して、低予算ながらも品質良く、役者のプロモーションに使えるような映像作品を制作致します。

詳細は、弊社担当よりご説明させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

映画24区スクール運営事務局
TEL:03-3497-8824

インターネットでのお問い合わせはこちらから

このページの上部に戻る