俳優コースについて

【映画24区スクール】では、映画づくりに欠かせないプロの「俳優」を養成しています。

日本の俳優が弱い脚本の読解力を強化

俳優は『声と体』を鍛えると同時に『頭』の訓練が何より必要です。映画24区では日本の若手俳優に欠けている脚本の読解力・分析力を引き上げる為の訓練を徹底して行います。映像の設計図と呼ばれる脚本から作家が表現しようとしている核心を短時間で掴む技術を習得していただきます。

映画監督+演技トレーナーによる中長期での指導

映画24区の講師は映画監督としての実績・演出力だけではなく、俳優の演技力を引き上げることに優れた方を選定し、中長期に亘るスパンで指導を行っています。
また、韓国の演劇・映画界で長年多くの実力派俳優を育成してきたキム・セイル氏を専属講師として迎え、映画監督による指導だけでなく、演技トレーナーの視点も加えたより高度な演技の指導を行います。

「映画24区」第1回製作作品『傷跡』

俳優の活躍の場を拡げる環境

俳優として外に出しても恥ずかしくないレベルまで力がついてきたた受講生は映画24区独自の制度「俳優ドラフト」により力のある芸能事務所に送りこんでいきます。また、自社で製作する映画やテレビドラマの現場、講師の映画監督たちの作品にも積極的にキャスティングしていきます。また、今後はアジア圏での共同制作作品が増えていく中、俳優の仕事も確実に国内の枠を超えていきます。映画24区ではアジアの映画監督や俳優との交流や相互学習の場を積極的につくることで日本だけでなく、アジアの舞台でも活躍できる機会の提供とトップクラスの俳優教育を手掛けていきたいと考えています。

このページの上部に戻る